高1.2生の時にやっておけばよかったと思うこと④ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2017年 9月 21日 高1.2生の時にやっておけばよかったと思うこと④

こんにちは。お元気ですか。

担任助手の松田です。

 

PCでたくさん書いた文章が消えてしまうことってありますよね。

今そんな状況に陥って落ち込んでました。

でもバックアップから復元できました。

元気でました。

そんな松田です。

 

さて、本日のお題はこれまでに引き続き

「高1.2生の時にやっておけばよかったと思うこと」

です。

 

今更あれこれ後悔しても私の「過去」は変えられませんが、

皆さんは「今」を変えることで「未来」も変えることできるので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

もうかれこれ6年も前のことですが……

高1.2生のときにやっておけばよかった思うのは

①部活をもっと頑張る

②授業をもっとまじめに受ける

の2点です。

 

「部活を頑張る」というのは悔いなく引退するために必要不可欠です。

もちろん当時は頑張っていたつもりでした。

でも今思えば、もっと努力できる点はいくつもありました。

受験生になって、「これからは勉強一本だ!」と意気込んでも、

そういった後悔が勉強中ふとしたときに頭に浮かんでくるのです。

これは集中力を切らす要因ですよね。

 

みなさんも受験生になったときに、

「あのときああしてればな~」という後悔がないように

部活に限らず、様々な場面で全力を尽くしてほしいです。

 

次に「授業をもっとまじめに受ける」です。

抽象的ですが、私の場合は「まじめに受ける=宿題や復習を徹底する」

という風に考えてます。

 

授業中に先生の話を聞いて、ノートをしっかり取るところまではやっていました。

しかし宿題をやっつけで済ませたり、

復習もテスト前のみでテストが終わったら内容を忘れたり、

となんだか授業の受け方が中途半端なんですよね。

受験で必要な知識の半数以上高1.2生のときに学びますから、

ここをしっかり知識蓄えておくと、後々の自分のためになります。

私は怠っていたため、高3生になってからもう一度やり直す必要があり、本当に苦労しました・゚・(。>д<。)・゚・

このやり直しの時間を発展問題を解く時間に使えていたら、

私は違う大学に入っていたかもしれませんね。

 

今の大学に入ったことに特に不満はありませんが、

やはり「もっとまじめに授業を受けていれば…」

という後悔はあります。

 

この後悔はきっと一生付きまとうことになると思います。

皆さんは後悔がないように、「今」だけでなく「将来・未来」を考えて行動してほしいなと思います。

 

なんだか偉そうに語りましたが、私のような後悔をしてほしくないんです!

何か相談したいことがあったら、校舎まで来てくださいね!

一緒に頑張りましょう!

あ、私も今を頑張ろうと思いますο(*´˘`*)ο

以上、首都大学東京4年の松田がお送りしました。