過去問演習の進め方⑤ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2014年 11月 8日 過去問演習の進め方⑤

12/19(金) 19:00~

立川駅北口校に
大岩秀樹先生がやってくる!!

↑お申し込みはクリック!!

特別招待中です!

—————————————————————————————–

こんにちは^^ 担任助手1年の矢崎です!

続いている学祭の話題ですが、
前に書いたように私の学校は終わってしまったので
他大学の学祭に行ってきました!

久しぶりに高校の同級生にあったり、
他大学の雰囲気を知ったりとても楽しかったです♪

 

さて、今回のテーマは引き続き、過去問演習の進め方です。

私の第一志望校は二次試験が面接・実技でセンター重視だったため
今の時期もひたすらセンター試験の過去問をやっていました

この時期になると過去問を解くのも2週目に入っています

そこで気を付けたことは

まず 時間設定を短くすること!

実際の時間の90%(80分の英語の試験なら72分)の時間
に設定して解いていました。

正確に早く解く練習です
少し余裕持って解くことができるようにすることで
本番わからない問題があったり焦ったりしてしまっても
全問解答できるようになると思います

そして 復習の時、2回とも間違えた問題
特に徹底的に見直して身につけるように意識しました!

間違えた問題を見直しても、次に解いたときにまたわからないのであれば
その復習は意味がなかったということになってしまいます>_<
それでは時間がもったいないです!!

3度目の間違いをしないよう採点をしたら
その場ですぐにしっかり覚えるようにしました。

 

今回紹介したやり方は特別なことではないし、
皆さんもうすでにやっているかもしれないですね

センター試験の過去問に限らず、一般・二次試験の過去問演習にも
活用できると思います!

質問があったら何でも担任助手に聞いてくださいね