過去問演習の進め方② | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2015年 11月 10日 過去問演習の進め方②

またまた有村です!こんにちは。

2日連続の投稿です。飽きずに読んでくださいね(笑)

 

 

最近、たくさんの大学で

学園祭が頻繁に行われているのを知っていますか?

 

ほかの大学に通っている私の友達も、

みんな学園祭で忙しそうにしています(>_<)

モチベーションを高めるためにも、

いろいろな大学の学園祭に行ってみることをオススメします!!!

 

その大学の雰囲気も味わえますよ~!

 

 

 

さて、本題に入ります。

 

昨日はとにかく多く過去問をこなそう、という内容でした。

ただ単にこなすだけでいいのか?

 

 

もちろん、そうではありません。

 

なんといっても、一番大切なのは 復習・再提出

 

解いたら答え合わせをし、記憶が新しいうちに間違えたところの復習

 

そしてなぜ間違えたのかの分析

 

解説授業を受けたり、解説を読んだりしてしっかり理解

 

そして最後に解きなおして、ちゃんと解けるようになっているか確認

 

 

この4ステップを経て、初めて1年分解いたことになります。

時間はかかるかもしれませんが、

きちんと1年ずづ完璧にして次のステップに進んでいきたいですね!

 

 

過去問の進め方でわからないことがあれば、

担任助手に聞くのが一番です。

 

全員が大学受験を乗り越えてきているので、全員が過去問演習のプロですよ!

いろいろな人に聞いて、

自分に合ったやり方を見つけていくのもいいと思います(^^)/

 

 

それでは今回はこれくらいで。

過去問10年分、一緒にやり切りましょうね!!!