過去問演習のやり方④ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 7月 22日 過去問演習のやり方④

こんにちは!
担任助手4年の林です。

 

さて、
今週から7時開館が始まり、
林も昨日は朝から東進にいました。

起きたのは朝の4:50
家を出たのは5:45

でした。

ちなみに高校時代に野球部の朝練があった頃でさえ、

5:30起き
6:20出発

だったので、

それよりも早かったです。

しかし
つい先日22歳になり
年を感じ始めていた林ですが、

起きた時とにかく眠く、
まだ寝たい!
といった気持ちでした。

これが自然と目覚めてしまうようになると
本当に年だな
と感じますが、

幸いまだ林は若い部類に
入ることがわかり

少し嬉しかった昨日の朝でした。

 

ということで、

本日のテーマは

過去問演習のやり方

ですね!

 

既に他の担任助手が
言っていたことではありますが…

 

復習こそ過去問演習の本質

 

であると思っています。

なぜなら

出来なかった問題を2度と間違えない

この小さな積み重ねが

結果として大きな実力になるからです!

さて、

ではどう復習するのか。

これは人それぞれだと思いますが、

私は

復習ノート

を作っていました。

内容は

①問題の概要
②ミスをした理由(間違えたプロセス)
③正しい解法

の3つで私は構成していました。

これによって
間違えた問題について
深く理解できると共に、
忘れないようになります!
(少なくとも私はなりました。)

これを積み重ねて
徐々に分厚くなってゆくノートは

模試の直前や、
更には受験前の空き時間にも

勉強道具として使えます!
(少なくとも私は使いました。)

ただ
これをそっくりマネする必要は
全くないです!!

既に自身の復習法を確立しているあなたは
この調子で続けてください!

復習を今まで侮っていたあなた
もしくは
大事なことは知っているけどどうすれば…というあなたは、

ぜひ試してみてください!!

それではまた!