過去問演習のやり方③ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 7月 21日 過去問演習のやり方③

こんにちは!
担任助手4年の高橋和希です。

今年はほんとに暑いですね!!
まだ梅雨が明けきっていないのに大変です(笑)
昨晩は寝苦しくて何度も起きてしましました(><)

体調を崩しやすい時期ですので皆さんも気をつけてくださいね!!

 

本日は、

過去問演習のやり方③

です!!

 

皆さんは、過去問演習をする理由を考えたことはありますか?

私はその理由を

①問題の形式に慣れる
②自身の実力を把握する
③学力を向上させる

という3点であると考えています。

この3点をクリアすることで、試験本番に

第一志望合格点をとる

事を目指すのだと考えています!

 

私はこの3つの中で、特に③の

学力を向上させる

事を意識して過去問演習に取り組みました。

過去問演習には莫大な時間がかかります。
東進ハイスクールでは、高3生に対し

センター試験の過去問を10年分×3周

実施するようにお伝えしています。

つまり、英語1科目を1周するだけで
80分×10回=800分
もかかってしまいます。

しかし、過去問演習をしている間は

全く学力は伸びていない!

と私は考えています。

演習中は、あくまで自身の知識のアウトプットを行っているだけで
知識量は全く増えていませんよね。
しかし、800分の演習によって
どこに自分の弱点があるのか、把握することができます。

そこで重要になるのが

徹底した復習

です。

過去問演習をすることで、自身の弱点を把握し
そこを確実に埋めていくことで
効率的な学力向上につながります。

その為、私は過去問演習の際、
演習直後の復習と、3日後の解き直し
この2点を確実に実施していきました。

皆さんも是非、過去問演習後の徹底した復習を
実施してくださいね!

過去問演習は

復習が本番 

だと私は思います!!(笑)