過去問をやる意味 | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2018年 6月 6日 過去問をやる意味

こんにちは!

担任助手の近藤です!

僕のブログの出現率はすごいですねえ。

自分でも驚いております(笑)

さて今回も昨日や、一昨日に引き続き、過去問演習の進め方について、ご紹介します。

昨日の宿谷担任助手が僕の言いたかったことを、ほとんど言ってくれたので、僕から言いたいことは、どのように研究するかについてです。

過去問は研究してこそ意味があります。

今回は全国統一高校生テストがあるので、センター試験について書きますね。

まず、センター試験の過去問は10年分やりましょう!

「え?多くない?」と思ったそこのあなた!!

10年分は当たり前、マストです!!

10年分やることで、過去から現在にかけて、どのように問題形式が変わってきたのかを、生身で感じることができます。

例として、英語(筆記)についてあげてみましょう。今年度は、大問2の配点が44点から、47点に変更されました。

これは何を意味しているかを、僕なりに考えてみました。

大問2は文法・語法問題が出題されます。

つまり文法・語法問題の重要度があがっているのではないかと思っています。

なのでより一層大問2の対策に時間をかける必要があります。

次に、大問3についてです。

今年は、問題数が減りました。

昨年度まで出題されていた、会話文の問題がなくなりました。

いや、なくなってはいないです!

ん?と思ったかもしれませんが、結論を言うと、他に問題と融合したのです。

大問2のC問題と融合しました。

なので、完全に削除されたわけではなく、融合されていたのです。

これは、僕が研究した一例にすぎませんが、このように配点や出題傾向を詳しく分析・研究することで、自分が力を入れて学ばなければ分野が明確になります。

これから過去問演習をする人は是非参考にしてください!

以上、近藤でした。

 

———————–この夏、本気になりたい君へ———————–

 

志望校合格を目指して学習に取り組む

意欲のある高2生・高1生・高0生を対象に、

東進ハイスクールの特別招待講習に

4講座無料招待!!

 

この夏をどう過ごすかは「君次第」

東進ハイスクールで

本気の夏を過ごそう!

 

↓↓↓お申し込みはこちらから↓↓↓