迷子になっていませんか! | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2015年 10月 4日 迷子になっていませんか!

こんにちは。担任助手の長石です。

すっかり暑さも引いて秋らしくなってきましたね!
秋といえばなんでしょうか?

そうです、お出かけの秋です。紅葉もあるし、暑すぎず寒すぎず、お出かけするにはぴったりです!
そんなお出かけの時によくあるのが、道に迷うこと…。

スマートフォンがあるから大丈夫かと思いきや、矢印が変な方向をさしてる、川の中を歩いてることになってる、ってちゃんと機能しない…なんてことがよくあってたいへんです!!!!

すぐ迷子になってしまいます…。

みなさんは大丈夫でしょうか??
もちろん、勉強においてです。
とくに三年生はセンター試験から、記述対策、講座の種類もたくさんある。模試の復習もたまってる。定期テスト対策もある。
とやることがたくさんありますよね。。。何をどうすればいいのかわからない「勉強迷子」になることが多々あると思います。

そんな時に必要なことは「本来の目的」を思い出すことです。

なにをしていいかわからない時に多くみられるのが目的意識の方向が間違っていることが多いです。

たとえば「終わらせることだけ、こなしていくことを目的」などになっているとどれも終わらせたほうがいいなーとなって優先順位が付きません。

一方で「大学合格」という本来の目的を思い出せば大学に必要な学力に対して自分の学力がどこまであるのかを把握してその差を埋めるために講座を進めていくという考え方ができます。

ひょっとしたら過去の自分の予想よりも学力がついているのでやる必要のない学習事項も計画のなかに含んでしまっているかもしれません。
計画だけではありません。小さいことから大学合格という目的のための手段になっているか逐一吟味しましょう。

ノートの取り方でも、目的が綺麗に取ることになっていないか。
記述対策でも目的がかっこいい答案を作ることがになっていないか。(小難しいことを書いたような答案はかっこいいですが第一目的は点数をどれだけ稼いで合格するかです。そのことを意識すると自然に採点官の気持ちまで気が回ります。)

大きな目的を達成するためにつくる小さな目標を作る過程でどうしても迷子になりがちになっています。
しっかりと方角をずらさないように本来の目的を一日一回は思い出していきましょう