諦めるのはまだ早い。 | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2019年 1月 23日 諦めるのはまだ早い。

一般試験、二次試験に向けて

気持ちを切り替えよう

センター試験が終わり、受験生の皆さんは一般試験、二次試験に向けての勉強へシフトチェンジしていることかと思います。

しかし久しぶりにセンター試験以外の問題を解いて、「あれ、解けない!」と思った人もいるのではないでしょうか。

前回の記事にも書きましたが、この時期はセンター試験形式の問題に慣れてしまい、一般試験や二次試験レベルの問題に対応できなくなってしまうことが多々あります。

特に国公立の大学では二次試験で記述問題が出題されますし、一部の私立大学でも英作文や論述など記述形式の問題が出る学校があります。感覚を取り戻すためにも、過去問演習講座なり、赤本なりを徹底的にやりこみましょう

記述タイプの問題は解説を読むことも大事ですが、きちんと自分の解答を添削してもらうことが点数を伸ばすために必要不可欠です。

英作文を例にとると、自分ではあっているつもりでも、三単現のsをつけ忘れていたり、コロケーション(単語と単語の良く使われる組み合わせ、自然な後のつながり)が違っていたり、問われていることを正確に捉えられていなかったりすることがあります。記述の問題は過去問演習講座や答案練習講座を使ってきちんと添削をうけましょう。また学校の先生に添削してもらうのも効果的です。少しでも疑問点がある場合にはすぐに質問することはとても大事です。分からないところを抱えたまま本番に臨むのは危険なので、今のうちに解消しておきましょう。また、間違えた部分は自分が犯しやすいミスであることが多いです。これらのミスは軽くノートにまとめて、自分のミスの傾向を把握し、二度と間違えないように工夫しましょう。

不安な気持ちに向き合うには諦めずに勉強し続けることが最も効果的です。それぞれ自分の試験日まで、後悔のないように全力を尽くしましょう。

 

最新記事一覧

過去の記事