第17回受験生応援メッセージ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 1月 26日 第17回受験生応援メッセージ

こんにちは!担任助手の小作です!

つい最近、小学生の頃恩師の先生から貰って、ずっと使い続けていたシャーペンが壊れました。

今までいろいろな勉強、試験を共に乗り越えてきたので結構ショックでした。
これで勉強に力が入らなくなるのが怖かったので、同じ型の色違いを買いました。

さてさて、ここまでの内容、皆さんに関係ない雑談ではありませんよ!
ここからが今日の応援メッセージです。

今日伝えたいのは、

慣れた環境で試験に臨む

ということです。

試験会場はいつも勉強していた場所じゃないじゃん、慣れた環境とかどう作るんだよ……と思う人も多いと思います。
安心してください、東進の机を持って受験会場に向かうわけではありません。

それではどのようにして、環境を慣れたものに変えるのか。

普段と変わらない事、物を大事にする

ことです。

ほんの些細なことで構いません。例えば椅子に座るときの動作を同じにする、いつもと同じ曲を聴く、使用する文房具を普段と同じものにする……などなど。
シャーペンの話はここにつながります。自分は普段から文房具を同じにして、芯を出すとき毎回同じ動作をするようにしています。(ほとんど癖に近いので、無意識ですが……)

いつもの環境と試験会場を紐付ける、という感覚が近いかもしれません。「あ、普段と変わらないな」と思えるきっかけ作りです。

 

受験会場だろうとどこであろうと、試験を受けるときは自分の頭脳と答案用紙だけの世界です。

積み重ねてきたものが出せるよう、応援しています!