科目別学習アドバイス~英語編~ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2017年 10月 9日 科目別学習アドバイス~英語編~

こんにちは!

担任助手の宿谷です!

 

最近の気温の変化で風邪や花粉症など体調を崩す人が多いですね…

 

僕も冷え性で季節の変わり目にはすごく弱いので体調崩しがちなんですが、

 

身体の末端の部分が冷えないように注意するとだいぶよくなりました!

 

手足だけじゃなくて、耳とか目(末端…?)ホットタオルなどで温めると

 

リラックス効果もあるのでおすすめです!

 

 

さて本日から新たなテーマに入っていきます!

 

志望校対策にも慣れてきたけど、

細かい勉強法がわからないという人もいるのではないでしょうか?

 

というわけで本日から

科目別学習アドバイス

についてブログを更新していきます!

 

5教科に分けて

英語現代文古文数学理科社会

の順に更新していきます。

 

もし勉強法がわからない科目や苦手な科目があればぜひ読んでみてください!!

 

 

1回目の本日は英語です!

 

この時期の学習の中心となる

長文読解

に焦点を当てていこうと思います。

(逆にセンターレベルの基礎事項が完成していない人早急に片づけてください!!!)

 

英語の学習の際の注意点は

いかに論理的に文章を読めるか

ということです。

 

評論でも小説でもなんとなくで書いてある文章はありませんよね。

 

「英語は第1文がそのパラグラフの要旨になっている」

なんてことを聞いたことがあると思います。

 

つまりパラグラフの第2文以降は

そのための例示や解説、補足などになっています。

 

どの文章も他の文章を修飾するものだったり、

例示するものだったりするわけです

 

そういった文章の塊を見抜き全体の中で

どういう働きをしているのかを確認しながら読んでいきましょう!

 

そのために大切になってくるのが

接続詞や指示語の把握です。

 

逆説や順接を見誤ると意味がごちゃごちゃになってしまうし、

 

it や that などがなにを表しているかわからなければ意味の把握を仕切れませんよね!

 

どこがどうつながっているのか、

どの言葉がどの言葉とイコールなのかを考えながら

読み進めましょう!

 

初めは過去問などを解いた後に

意味の塊ごとに線でくくるなどをするといいと思います。

 

その後、意味の塊を意識しながら音読を繰り返してみましょう。

 

だんだんと読むスピード・精度が上がってくるはずです!

 

 

英語はなんとなく読むだけでは

対応できないレベルにそろそろなってくると思います。

 

上記の

意味のつながり指示語・

接続詞などによる論理関係の把握

を中心に過去問ノートを作ったり

 

復習をこなしていくとよりよい学習になると思います。

 

 

ただ最初にも書きましたがその前提として

単語・熟語・文法・語法などの基礎力

がなければ話になりません。

 

できていない人はもちろん

ある程度完成している人も

基礎力のブラッシュアップは欠かさずに行いましょう!

 

高速基礎マスターや

単語帳などに触れる時間は

必ず毎日作りましょう

 

英語以外も含めて難易度がぐんと上がるし、

実力がなかなか上がらないしと今が一番つらいんじゃないかと思います。

ここをしっかり乗り越えて第一志望合格に向かって走り続けましょう!!

 

明治大学 商学部  宿谷 勇斗がお送りしました!

 

 

 

↓全国統一高校生テストのお申込みはこちらから↓