私が大学で学んでいること~上智大学法学部編~ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 7月 2日 私が大学で学んでいること~上智大学法学部編~

こんにちは!

担任助手4年の高橋和希です!
大学生になってから、かなり運動不足です(笑)
中学生、高校生の時は毎日のように部活で汗を流していましたが
大学ではなかなかスポーツをする気機会がありません(泣)

最近はもっぱら見る専門です!
特に野球中継を良く見ています(笑)
今年のプロ野球は、カープソフトバンクが独走状態ですね!

巨人ファンとしては

何とか追いついてほしいですね~(笑)

 

・・・と、無駄話はこのくらいにして、今回は

 

私が大学で学んでいること

 

についてお話ししていこうと思います!

 

前回は、法学部全体についてお話ししたので、今回は私の所属している

国際関係法学科

についてお伝えしていきます!

皆さんは、

「国際法」

を知っていますか?

国際法とは、

「国際社会を規律する法」

のことです!

すごく簡単に言うと

「国家が守るべきルール」

のようなものです(笑)

 例えば、国家間で決めた約束(条約など)が国際法の1つです。

その他にも、慣習国際法や法の一般原則などもありますが
説明すると長くなるので割愛します(笑)

 

私は、国際関係法学科には大きく3つの目的があると私は考えています。

①国際法の歴史を学ぶ
②国際法の効力を学ぶ 
③国内法との比較をする

これらの3つの目的を通じて、国際法の抱える課題を明らかにし、
最終的には一つの課題に対して

自分なりの考えを持つこと

を目標としています。

この学科で学ぶことで、国際法に関する理解が深まることは当然ですが、
様々な紛争が発生する理由や、法律から見た世界の動向についても
理解を深めることが出来ます。
もちろん、前回お伝えした

論理的思考力

もしっかり鍛えることが出来ます。

私は、国際関係法学科で学んだ知識は
必ず社会に出た後も役に立つと考えています。

特に、グローバル化が進む中
日本人という立場から、

国際問題について意見を述べられるようになっておく

ことは
対等な交渉をしていくうえでとても重要であると考えています。

上智大学には、国際関係法学科の他にも

法律学科
地球環境法学科

という学科もあります!
それぞれに特徴がありますが、どの学科も必ず
民法や憲法などの国内法も勉強しますので、
自身の興味に合わせて学科を選択すると良いと思います!

皆さんも志望校に入学後、
何を学びたいのか
について

必ず明確にしておきましょう!!

 

 

↓興味がある方はこちらをクリック↓ 

↓高3生はこちら!↓

↓高0生、高1生、高2生はこちら!↓

たった15分でわかる?お試し講義はこちら!↓