確認テストSS合格について | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 11月 30日 確認テストSS合格について

こんにちは。東進の松塚です。

新高2,3生のみなさんは、新年度の講座が始まった人も多いと思います。

そこで、もう一度確認テストを一発で、SSで合格する必要性について確認しておきたいと思います。

半年前に吉開担任助手が書いてくれた記事がわかりやすいので、参考にしてみてください。

———-

こんにちは、担任助手の吉開です。 今日は、確認テストについて書きたいと思います。

確認テストは、受講後すぐに受けられる・ネット上で受けられる・毎回違う問題が出る・採点がすぐに出て自分の理解度がわかるなど、いいとこ尽くしですね!! 受講を受けただけだと、自分が本当に今日やった内容を理解出来ているのかがわからないと思います。せっかく90分頑張って受けたのだから、しっかり身にしみ込ませたいですね。

確認テストは点数によってランクがつきますが、そこで一番重要なのが

“SSで合格すること”。

SじゃなくてSSです。

 

例えば、大問が5つある確認テストで、 大問5つすべて正解でSSで合格したAさんと 大問4つが合っていてSで合格したBさんがいたとします。 この時点では、2人とも確認テストに受かったことでは同じです。 でもこの2人がこのまま20講まで受け終わった時に、2人の差は大問10個ぶんと大きく開きます。 この2人が同じ大学を受験したら、2人の結果は違うものになるでしょう。

 

たかが確認テストと思っている人がいたら、その考えは今日から絶対に変えていきましょう。

毎日の小さな積み重ねが、大きな結果を生み出します。