番外編~朝登校の意義~ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

2016年 8月 9日 番外編~朝登校の意義~

 

こんにちは。西山です!

 

今日は、番外編「朝登校の意義」について書きます。

 

東進で「朝登校」というのは7時から7時15分の間に登校することですが

 

それを皆さんに勧めるのには理由があります。

 

1つ目は、音読会に参加できるからです。

朝に15分英語の発音やアクセント、会話表現などを音読することで

その部分(主にセンター試験英語の大問1,2)をマスターできます。

 

2つ目は、早起きの習慣がつくことです。

ことわざにも「早起きは三文の徳」とあるように、早起きをするといいことがあります。

珍しい動物が見られたり、珍しい魚が釣れたり・・・

 

さらに言うと、実際の大学の試験やセンター試験は朝にスタートするので

 

当日の朝に脳が最も活性している状態を作り出すためには

今から朝型の生活を送った方がいいでしょう!

 

 

当日眠くて試験に集中できなかったということが無いように

ぜひ、朝登校して音読をしてください!

 

以上、東京海洋大学 海洋科学部 海洋政策文化学科1年 西山でした!