番外編⑤~高1.2生の夏 その2~ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 7月 29日 番外編⑤~高1.2生の夏 その2~

こんにちは!

 

担任助手の宿谷です!!

 

高校生のみなさんはすでに夏休みに入っている方が多いと思いますが、

 

大学生はテストの真っ最中です!

 

そろそろ夏休みに入るので僕もこの夏の目標を立てました(^v^)

 

①8月のTOEICで750点突破!

②自分の就きたい仕事を探してみる!

③旅行をたくさんする!

 

この3つです!!

 

②の自分の就きたい仕事を探してみるを見るとわかりますが

 

昨日みなさんに「夢や目標を持ってください!」なんて言っていたのは、

 

自分があまり考えずに大学に入ってしまい後悔しているところがあるからなんです…

 

みなさんには同じ後悔をしてほしくないので、ぜひこの夏に自分の将来について考えてみてください!!

 

 

 

 

さて、それでは本日は

 

②学習量の確保と習慣化

 

③思いっきり部活や遊びを楽しむ!

 

についてお話していきます!

 

 

 

まず②学習量の確保と習慣化についてです!

 

 

高3生には「夏は受験の天王山」などと繰り返し言っていますが

 

 

 

高1.2生のみなさんには当てはまらないんでしょうか…?

 

 

 

答えは「当てはまる」です!

 

 

 

 なんと、夏休みは勉強時間が1学期(40日)の約2倍

 

 

つまり

 

 

5か月分も確保できます!!

 

 

 

ここで勉強するとしないとでは大きな差になりますよね…

 

 

ただしまるっきり高3生と同じように過ごす必要はありません。というか無理ですね。

 

 

学習時間を稼ぐために意識して欲しいのは「毎日机に向かって勉強をし続ける」ということです!

 

 

じゃあ何をやるのか?

 

 

高1.2年生のうちは勉強面では「主要3科目(英数国)の基礎を固める事」が何よりも大切です!!

 

 

英語なら英単語や英文法、国語なら漢字や古文文法や漢文の句形、数学なら教科書レベルの問題のマスターなどなど…

 

 

仮に今すべてできていたとしても夏休み中遊びほうけてしかいないと、夏休みに頑張った人にすぐぬかされますよ!!

 

 

こういった基礎固めは短期で一気に!ではなく、中長期的にじっくりと!覚えていくことが大切になります。

 

 

ということは、夏休みに継続的に主要科目の基礎を固めることができるかが大きな分かれ目になりますよね!!

 

 

 

そして③部活や遊びを思いっきり楽しむ!

 

 

特に部活なんて多くの人が高校生のうちにしかやらないことですよね!!

 

 

他にも文化祭の準備がある人や、恋愛をする人友達と海に行ったりする人

 

 

色々いると思いますが、高校生時代の知り合いはすごく付き合いが長くなる人が多いです。

 

 

その人たちと全力で想い出づくりするのも、みなさんがやっておくべきことなんじゃないかと思います!

 

 

それ以前に、高校生活最後の遊んで過ごせる夏です!!

 

さて、昨日と今日で高1.2生がこの夏にやるべきことを書きました。

そもそもこんなに量を書いたのは、みなさんに遊びも部活も勉強も完璧にこなす最高の夏を過ごしてほしいと思ったからです!!

そして、僕たち担任助手を含めた東進のスタッフにそのお手伝いをさせていただきたいです!!

もしそうしてもいいかなと思う方!

下のバナーをクリックしてください!!

校舎でお待ちしています!!