歴史の勉強法! | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 8月 20日 歴史の勉強法!

世界史ってどうやって勉強したらいいんですか?との声があったので少しアドバイスをしたいと思います。
担任助手の山口です。

写真を見る
資料集やネットにはたくさん写真がありますよね。世界史や日本史は単語暗記になりがちですが、建造物や絵画、人物も写真を見ることによって脳により印象付け、忘れにくくなります。私はとにかく資料集で写真を見てました。調べるのは手間かもしれませんが、全然忘れないのでお試しあれ!

地図を使う
これも資料集やネットにあります。中国は都が何度も変わりますよね。ただ単語だけ覚えても次の日には忘れています。地図を見て、場所を1つずつ確認し、その軌跡をたどっていくことによってより記憶に残りやすくなります。ちなみに自分が受験したセンター試験で場所が出題されたので本当に確認しておいてよかったと思いました。

教科書で流れをつかむ
テキストで覚えているとどうしても単語だけ覚えているけども、なぜそうなったか、前に何があったか、その時代ほかの国は何をしていたかなどの流れが抜けてしまいがちです。教科書は歴史の流れがわかりやすくまとまっているので、1度読破してみましょう。流れと単語を覚えたらセンターの点数が飛躍的に伸びたのを覚えています。センターは流れが結構重視されてますからね。

すべてに共通するのは様々なアプローチで覚えるということです。1つの方法で覚えるのではなく、音、視覚などを使って、より頭に残りやすい勉強をしてください!