模試の復習法④ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 9月 1日 模試の復習法④

こんにちは!

担任助手の高橋和希です。
ついに夏休みも終わり、9月に突入しましたね!

受験生の方々は、今までは、センター試験という
共通の目標に向かって努力してきたと思いますが
ココからは自分の第一志望校に合わせた対策をしていくことになります。

その際、最も大切なことは

自ら考え、行動すること”

です!

今後は、自身の志望校や現在の学力によって、やるべきことが大きく変わってきます。
「何をやるべきか」について、自分で考えなくてはなりません。

試験本番に1点でも多く取る為に、それらを確実にこなしていきましょう!

高1.2生の方は来る受験に向けて、
まずは引き続き、基礎の徹底を行っていきましょうね!!

 

固い前置きになってしまいましたが(笑)

今回も

「模試の復習法」

についてお話したいと思います!

皆さん!模試の復習はおわりましたか?

模試の復習は、解いた時の記憶が残っているうちに実施することが大切です!
まだ始めていない方は、この記事を読んだらすぐ!始めてくださいね!

 

 

ところで皆さんは、なぜ模試を受けるのか考えたことはありますか?

「形式に慣れるため」
「今の実力を知るため」
「学力を伸ばすため」
などなど・・・

これらは全て正解だと思います。

しかし、模試を”解いただけ”では
学力は伸びません!!!(笑)

模試を受験し、自身の弱点を知り、復習して初めて
皆さんの学力は伸びます。

逆に言えば、単に模試を受験しただけでは
受験前と受験後では何も変わりません。

 

では、どのような復習をすればもっとも学力が伸びるのでしょうか?
これは、人それぞれだと思いますが、私が考える復習法は

解き直す

事です。

何の変哲もない答えですが、これが一番重要だと思います。
何度も間違えた問題を解き直して、満点を取ってください。

満点を取れたということは、間違いなく模試前よりも

学力が伸びています。

これは、過去問演習でも同じです。
これを繰り返すことで、自分の弱点を確実にうめることができます!

勉強は、何においても

復習しているときが一番伸びる!!

と私は思います!

模試や過去問を解いた後は、欠かさずに復習をしていきましょうね!!