模試の復習法③ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 8月 31日 模試の復習法③

こんにちは!昨日は台風10号で話題の日でしたね。

立川は台風の影響があまりなくて良かったです…。

台風が直撃すると外出もままなりませんからね。

 

 

では、今日も引き続き模試の復習法についてお話したいと思います!

皆さん歴史はどうやって復習していますか?

模試では時代ごとではなく、さまざまな時代からちょっとずつ出題されますよね。

模試の問題自体を復習することはもちろんですが、それだとさまざまな時代を断片的に復習するだけになってしまいがちです。

 

そこで、「出題された問題の時代全体を復習する」のはいかがでしょう?

たとえば、日本史で平清盛の政治について出題されたとします。

その平清盛の問題の内容だけでなく、

その前後のつながりもまとめて復習してしまうのです。

そうすれば平清盛だけでなく、平安時代全体の復習にもなります。

この復習法は時間こそかかりますが、

多くの知識が蓄積されていくという点においては有意なものになるはずです。

模試でより多くの分野を復習できれば儲けものです。

 

 

日本史や世界史は国の歴史を学ぶわけですから、覚えなければいけない知識はどうしたって多いです。

そのため、模試でできなかった所も大事ですが、

時代全体の流れも模試ごとに復習していけば、直前になって詰め込む知識の量も軽減されるのではないでしょうか。

 

よかったら試してみてください!

 

 

 

学習院大学・文学部 池田でした!