模試の復習法③ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2015年 8月 26日 模試の復習法③

こんにちは!!野球の合宿でこんがり焼けた小作です。

有村担任助手や小嶋担任助手のレベルまで焼けなかったのが心残りですが、久しぶりに野球漬けの生活ができて楽しかったです(*^〇^*)

野球といえば、甲子園も終わりましたね……。面白い試合ばかりで終わってしまうのが少しさびしかったです。もうすでに来年の甲子園が見たくなってきました。

 

とまぁ甲子園の感想を書いているとブログの長さがとんでもないことになってしまいそうなのでこのあたりで切りたいと思います!続きは校舎で会ったときに聞いてくれたら喜んで話します!

 

さて、今日のテーマは引き続き模試の復習法です!

復習の方法といっても星の数ほどあると思いますが、今日はその中で自分のしてた&他の人がしてて参考にしてた解説授業の受講方法をいくつか紹介したいと思います。参考になれば幸いです。

 

まず、解けてなかった部分の解説授業を見ることです。これはやっている人がほとんどだと思います。苦手を克服していくことが大事ですからね。ここで重要なのが自分がどこまでできていたか、というのを把握することです。できたできなかっただけで模試を終わらせないために、自分の現状を把握することが大事です。

 

ここからは自分でなく他の人の話です。模試のときに解けていた問題でも見返している人がいました。なんでだろうなぁと思って聞いてみると、自分と違う解き方が発見できて引き出しが増えるとのことでした。なので自分と同じ解き方をしていたら飛ばす、といった感じでやっていたようです。
一つの問題でも複数のアプローチがあることがありますよね。導出の手順を多く覚えておくと、今まで解きづらかった問題が少し簡単に解けるようになったりします。解説授業の解き方は参考になりますよ!

 

このように解説授業一つでもたくさんの復習法があります!自分にあった復習法を今回の模試で確立できると、今後に活かせますよ!!ぜひ自分でいろいろ試してみましょう!!

復習をせずに夏休みが終わる……なんてことがないようにしましょうね!!