模試の復習をいつやるか。 | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 4月 25日 模試の復習をいつやるか。

こんにちは!担任助手の長石です。

今日は模試の復習をいつやるのかについて話したいと思います。

昨日は解説授業の話しでしたね。詰まった時にこの授業を見ることはとても有効です。
ただ、それ以前の問題でまだ復習に手を付けてない人はいませんか?

「学校の課題が忙しい!」「受講をすすめないと!」「高速基礎マスターを進めなきゃ!」など
いろいろとやることがあって模試の復習が後回しになってしまってないでしょうか?

模試の復習は早ければ早いほどいいです。
なぜかというと
問題を解いた記憶が残っているからです。
時間がたてばたつほど問題を解いた記憶は薄れていきます。

もし忘れてしまったら、問題用紙にxがついていても 「この問題なんで間違えたんだっけ??」「とりあえずもう一回解くか!」 と、
せっかく試験中に最大限集中して 解ける問題と解けない問題、解けない問題はどこの部分がわからないのかを
分析したのにもかかわらず また解き直さなければいけません。

さらに「解けない」といっても種類は様々です。 例えば「知識が足りなくて解けなかった問題」「知識はあったものの演習が足りない部分があり時間がかかって解けなかった。」など そのようなことも忘れてしまう可能性があり、
これからの勉強計画の指針となる貴重なデータを失ってしまうことになります。

とても非効率です。現役合格を目指す皆さんにとってはやってはいけないことです。
模試の復習は鮮度が命です。

以上の事より 模試の復習はいつやるか?

今でしょう。