模試に向けて⑥ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 4月 22日 模試に向けて⑥

もう金曜日ですね!

今日を入れて模試まであと3日です!

直前に何をやるべきか、何ができるかを考えて過ごしてください!

 

 

模試に向けてシリーズも今回で6回目ですが、今回は模試を受ける意義について書きたいと思います。

 

東進では2カ月に一度、センター試験本番レベル模試がありますよね?

さらに、大学合格基礎力判定テスト有名・難関大本番レベル記述模試高校生レベルマーク模試もあります。

皆さん少なからず思うはずです…「模試多いな…」と。私だって受験生の時そう思いました。

 

しかし!

 

模試は本番のための練習です!

部活もそうですが、練習はすればするほど自分の力になります。

模試を受けて模試の緊張感に慣れておけば、過度に緊張せず本番に臨めるはずです!

さらに、何回も何種類もある模試を受けることで、

「こんなに模試を受けたんだからきっと大丈夫!」

という自信にもつながります!

受験では学力もさることながらメンタルの強さも大切ですからね。

 

ですから、模試をたくさん受けて、本番のために模試での反省や自信をどんどん自分のものにしていってください!

 

 

以上、学習院大学 文学部 池田でした!