東進活用法!③ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 2月 10日 東進活用法!③

こんにちは!担任助手の小作です。

最近受験生の皆さんの合格報告が聞こえ始めて、もうこんな季節か~と懐かしんでいます。

受験生の皆さんへ。
これからもたくさん合格報告が聞けるように祈っています!
雪が降ったりと寒い日が続いているので、体調管理にはいつも以上に気を使ってください!!!
Fight!です!

 

さて、ここからは新高1、2年生の皆さんへ。本日も引き続き

東進活用法

について話していきたいと思います。

今日は、

閉館まで残る

という話をしたいと思います。

えっ、閉館まではありえない……という人も多いかと思います。

しかし!長く勉強する習慣をつけるなら今がチャンスですよ!
人間、長く勉強すると疲れます。当たり前のことです。しかし、受験を乗り越えるためには長く勉強する体力、勉強体力が必要です。

部活などのある今のうちから閉館まで残っていることができれば、部活後の受験スケジュールに対応するときもスムーズに入っていけます!

さてさていきなり、というのは大変かもしれないので、ここでおすすめの方法を。それは……

10分ずつ残る時間を長くしていく

という方法です。
実は、今学期自分が実際にやっていた方法です。大学の授業終了が大体6時~8時くらいだったので、その時間から帰って勉強……ということになってしまうとやる気が出ませんでした。
そこで!「帰らずに勉強して帰ろう!」という発想に至りました。完全に東進時代の名残です。

開始当初は9時くらいで帰ろう……となっていたのですが、そこから徐々に時間を伸ばしていき、最終的に10時半に大学が閉まる時間まで残るのが割と普通になりました。
今、これができているのは東進時代の習慣のおかげです。

最初は10分でいいんです。帰る前に高速基礎マスターをやってもよし、復習をしてもよし、明日の予習をしてもよし。
10分を1ヶ月積み重ねていけばそれだけで5時間得したことになります。これが20分、30分……と増えていけば、もっとすごいことになりますよ……╭( ・ㅂ・)و グッ

ちなみに、帰りの電車を調べておくのがおすすめです。そこから東進~立川駅間でかかる5分~10分を逆算して、一番ベストな帰宅時間を見つけておくと、「電車まであと〇〇分あるな……それまで勉強してから帰ろう。」と明確な時間が決められやすいので取り組みやすくなりますよ!

今から受験に向けて、勉強体力をつけていきましょう!