【受験生向け】本番に向けて気をつけたこと③ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 1月 11日 【受験生向け】本番に向けて気をつけたこと③

こんにちは!今日は担任助手2年の大田の体験についてお話します。

私は第一志望の学科の試験がセンターを除く入試の中で最も早く(2月4日)、一般入試の雰囲気を味わうことなく本番を迎えることがとても不安でした。
そこで、1月はセンター試験の勉強とのバランスを考えながら、ひたすら本番を想定した過去問演習を繰り返していました。
過去問演習の際に気を付けたことは、

①本番と同じ時間割で問題を解く

①②タイマーなどで測って正確な試験時間内で解く

③復習に時間をかけすぎない

の3つでした。
①と②は似た内容となりますが、本番を意識するならばやはり時間は最重要だろうと考えました。
本番では朝早くから難しい問題を解くことになるので、頭が働くように起床時間を調整する必要があります。
また、科目の順番も自分が解きやすいものからではなく、本番と同じにすることで気持ちの切り替えがしやすくなるでしょう。
復習は、この時期は間違った箇所のみ行っていました。
まぜ間違えたのか、原因を突き止めて今後絶対に間違うことのないように覚えておくといいと思います!

本番の直前まで、自分に必要な学習は何なのかを問いかけ続け、当日にやることはやった!と思えるようにしていきましょう!!