朝ごはんの重要性 | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 12月 6日 朝ごはんの重要性

こんにちは!
担任助手の小林です!

今日はみなさんに朝ごはんの重要性をお話ししようと思います。

皆さん、毎朝きちんと朝ごはんを食べていますか?
寝坊して食べないなんてことないですか?

ここでは、どうして朝ごはんを食べなくてはいけないかを紹介します。

朝ごはんを抜くと、脳のエネルギーが不足して集中力や記憶力の低下などに繋がります。

脳の活動エネルギーは主にブドウ糖の働きによるものですが、ブドウ糖は体内に大量に貯蔵しておくことができず、すぐに不足してしまいます。つまり、空腹な状態で起きた朝の脳は、エネルギー欠乏状態…。朝にしっかりごはんを食べないと、脳のエネルギーが不足し、 集中力や記憶力も低下してしまいます。

朝ごはんを抜いて空腹のまま学校にいくと、脳だけでなく体を動かすエネルギーを取り入れていないために、体が重く、だるさや疲労感が残って元気が出ません。必要なエネルギーを生み出す栄養が補給されていないと、体はグリコーゲンという形で貯蔵しておいたものを分解してブドウ糖を利用するため、長時間元気に活動できないのです。

毎日勉強を頑張る高校生には、欠かせないものですよね!!

朝ごはんをしっかり食べて、今日も一日頑張りましょう!!