春休みの過ごし方④ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 3月 11日 春休みの過ごし方④

こんにちは。担任助手の長石です。

暖かくなってきましたね。

花粉が飛ぶ季節です。

花粉症の人にとっては辛い時期です。

校舎でもつらそうにくしゃみしている人が多いです。

豪快にくしゃみする人もいれば、詰まるようなくしゃみをする人もいますね。

豪快なくしゃみには驚かされるし、詰まるようなくしゃみは聞いてる方が「それじゃすっきりしないだろ!」とむずむずします。

僕のくしゃみはとても標準的で好感度高いと思います。

ちなみに僕は特に花粉症ではありませんが花粉症は勉強にも支障が出ることもあると思います。

それでも「花粉症で勉強できなかったので志望校いけませんでした。」なんて理由に出来ないと思うので頑張っていきましょう!

今日のテーマは引き続き「春休みの過ごし方」ですね!

 

やはりどの担任助手も「勉強量の確保」を意識していますね。

期休み中の勉強量で合否が決まるといっても過言ではないですからね。

今回、僕がおすすめしたいことは

「新しい習慣をつける習慣をつける」

です!

 

「新しい習慣をつける習慣をつける」

いきなり長時間勉強していくのはストレスもたまるし挫折しやすいですよね…
そもそも勉強することに慣れてないなんてこともあると思います。

さらに部活や行事等、高校生の生活は常に、卒業するまで変則的です。
せっかく生活のペースがつかめてきたと思ったら大会だ、テストだ、修学旅行だとてんやわんやです。

そのたびに新しい習慣をその場その場でつけていく必要があります。
その練習としてまずは軽い習慣を春休みに徐々につけていってみましょう!

最初は本当に小さなものでもいいと思います。

教科書を開くだけでもいいし、靴をそろえるでもいいです。
だいじなことはいろいろな新しい習慣を短期間でつけることがうまくなることです。

「習慣にする」ということはつまり無意識にできるようにするということです。
鍵をかけたり、朝ごはんを食べるのに頭を使ったりしませんよね?

無意識にできるようにするには最初は意識するしかないです。
その意識の仕方を上手にするために小さな新しい習慣をつけていってみましょう!

それがうまくなればどんなことでも無意識で省エネに出来るようになっていくのがうまくなります!!

首都大学東京 都市教養学部 人文社会の長石でした!