早稲田大学の魅力 ~理工編~ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 6月 11日 早稲田大学の魅力 ~理工編~

こんにちは!!担任助手の小作です。
昨日近所を走っていたら、ある動物に遭遇しました。シルエットだけ見たときは野良猫かな……と思いましたが、完全にハクビシンでした。しっぽの長い動物です。都会っ子の皆さんは検索してハクビシンの姿を目に焼き付けてください!

 

さて、それでは大学の魅力紹介、本日もやっていきたいと思います!なんと林担任助手に続いて本日も早稲田大学の紹介をしたいと思います!

じゃあ読まなくていいか……と思って画面を閉じないでください!

本日は

理工編

です!

 

皆さん、理工のイメージはどんな感じですか?
地味、暗い、隔離されている……
そんなイメージを持っている人も多いと思います。悲しい。

 

しかし!!!理工キャンパスにもいいところはたくさんあります!

まず、なんといっても様々な実験道具が揃っています。
〇百万、〇千万円する機械や、一般の人だと入手することもできない薬品。そんなものを使って実験できる機会はなかなかないです。
学科ごとによって実験が違うので、扱える器具は学科ごとに違いますが、ロマンの塊ですね……(*^〇^*)

3Dプリンターやレーザーカッターなど、モノづくりをしたいときに使える施設もあり、本当に充実しています。
実際にキーホルダーを作ったりしたこともあります。専門のスタッフさんが常駐してくれているので、初心者でも安心です。

 

そして暗い、隔離されているというイメージをお持ちの人へ!
理工といっても早稲田は早稲田です。実は歩いて20分くらいで文系のキャンパスに行けたり、理系でも文系の友達がたくさんできます。
僕も野球やカバディを通じて、いろいろな人と知り合っています。
他にも、11月に理工展という学園祭もやっていたりして、理工も本キャン同様に盛り上がっています。

課題や実験ばかりで大学生活楽しめない!ということにはなりません。安心してください。(・ω・)

 

他にもブログでは語り切れない魅力がたくさんあります!
早稲田理工の魅力をもっと知りたい人はぜひオープンキャンパスや学園祭で雰囲気を味わいに来てみてくださいね!

 

早稲田大学基幹理工学部情報通信学科3年の小作伸一がお送りしました!

 

↓特別招待講習実施中!下記画像をクリック!↓