担任助手の大学生活④~勉強編~ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 10月 20日 担任助手の大学生活④~勉強編~

こんにちは!
担任助手の高橋和希です。

前回の記事で、松田先生が台湾&韓国に行きました!と書いていましたが

 

実は私も台湾に行ってました!(笑)

 

私の場合は台湾に1週間、

 

1人

 

で滞在しました。
別に一緒に行く友達がいないわけではないですよ!!(笑)

大学生のうちに1度は

1人旅に挑戦したい

と思っていたので、
今回思い切って挑戦しました。

私も九份や故宮博物館も行きましたが、ほかには

 

 

かっこいいタワーを見たり、

 

 

夜景を見たり、

 

 

 

台北市で一番高い山に登ったりもしました(笑)

一人旅はもちろん大変なこともたくさんありますが、

自身の成長につながる貴重な経験

だと思います!

皆さんも大学生になったら、
皆さんも自分で稼いだお金でぜひチャレンジしてみてください!

 

 

 

・・・さて、ここからが本題ですが、
今回は

 

担任助手の大学生活④~勉強編~

 

です!!

私は、法学部 国際関係法学科に所属しています。
大学での大まかな勉強のイメージは

 

1年生から2年生は民法や憲法などの国内法を勉強し、
3年生からは国際法やゼミナールでの勉強をしていく形です。

 

国内法の学習を通じて、まずは

法律の基本を学び、

その後ゼミナールや国際法などの応用を学んでいきます!

 

また、皆さんの中には

 

「法学部って法律の暗記をするんじゃないの?」

 

というイメージを持っている方もいると思います。
しかし、実際は法律の暗記ではなく、

 

「ある課題に対し、法律を用いてどのように解決するか」

 

について考える学習が中心になります。

数学の証明に近いかもしれませんね(笑)
ですが数学の証明と大きく違うことは
正解が1つとは限らないことです。

法律は人が作ったものであり、完ぺきではありません。
実際、法律は改正され、時代に合わせて変わっていきます。

 

そのため、ただ法律を暗記すればいいというわけではないのです。

 

・・・このように書くと法律は難しそうと感じるかもしれませんが

簡単に言えば、

「社会のルールを学ぶ」

ことが
法律の勉強といえるかもしれません。(的外れかもしれませんが・・・笑)

この記事を読んで、少しでも法律に興味を持ってくれるとうれしいです!!