担任助手の大学生活:勉強編⑤ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2014年 10月 23日 担任助手の大学生活:勉強編⑤

おはようございます。担任助手の長石です。

 

いきなりですがAmazonって本当に便利ですよね。
何でも売っててクリックひとつで買うことができて。

しかも本とか1円で売ってるものも多いですしね!

そんな中、最近はバリカン✁をかいました。
グイングイン刈れるので楽しくなって右のほうを少し刈りすぎました。

なんとかばれないように毎回ごまかしています。

 

大学生活における勉強も同じなんです。

大学の勉強ってごまかそうと思えばいくらでもごまかせます。
簡単そうな授業を選んで、テスト前だけ少し勉強して、ごまかしごまかし単位を取っていく。

わたしは文系なので特にそれを感じます。

私も1年の後期あたりに適当にやっている時期がありました。

なぜか。
それは目的意識、つまりがなかったからです。

大学時代をどう過ごすか」をしっかり決めていませんでした。

大学なんて単なる資格であって、会社に入ってもどうせ使わない。
程度に考えていました。

 

でも担任助手として生徒や担任助手と話しているうちに
もっと自分の将来について考えなくてはいけない」と思い、
大学時代をどう過ごすか」などいろいろ考えました。

そして、2年以降は自分なりに「地域」というキーワードを決めたりして
それに関する地域福祉地域観光地域経済の授業を取るようになりました。
単位を取るのが難しいものもありました。
それでも目的意識があれば頑張ることが出来ました。

 

ただ、今でも1年の後期の時期はもったいなかったなと思います。
そんな後悔をしないためにも
高校生のうちに「大学時代をどうすごすか」を
やんわりでもいいので決めておきましょう。
大学は興味を追及できる場所です。
軸をもって自ら求めて勉強しましょう。

 

あとあと、軸をもっていなくても大丈夫ですよ。
スティーブ・ジョブズの卒業の演説を聞いてみればわかります!
キーワードは「点をつなぐ」です!

リスニングの練習にもなるのでぜひ!

 

 

 

↑↑↑↑↑全国統一高校生テスト

お申し込みはこちらをクリック!!