担任助手の大学生活:勉強編② | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2014年 10月 20日 担任助手の大学生活:勉強編②

こんにちは!
担任助手の鈴木です!
昨日に引き続き私の大学生活~勉強編~です!

私は、今一橋大学の社会学部に通っています。
そして、大学4年生です。
そのため、卒業論文を書いています。

皆さんは、卒業論文ってどういうものだと思いますか?
私が大学1年生の時は想像だにしませんでした。

簡単に言うと卒業論文とは、
大学生活をかけて抱いた仮説の証明
です。

大学3年間で、様々なことを学びます。
そこから、様々な興味を持ち、同時に疑問も抱くでしょう。
その疑問に自力で答えを出す作業が、卒業論文です。

ただ、自分が思いつくような疑問は、たいてい他の人も抱いています。
なので、先に同様の研究がされています。
その研究をさらに掘り下げ、精度を高めていくわけです。

クリティカルな仮説が実証できれば、学会で発表、なんてこともあります。
4年間の成果が学問の歴史に刻まれたら嬉しいですよね。

文字数は4万字と大変ですが、鋭意作成中です。
私も受験生の皆さんと同様、頑張ります…!!!