担任助手の受験直前期の過ごし方⑦ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 2月 3日 担任助手の受験直前期の過ごし方⑦

こんにちは!

山田です。

法学部は全て授業内試験なので

大学のテスト期間である今週はもう春休みです。わーい。

 

そのかわりテストはです。

他学部と違って努力なんて微塵も報われません。

 

 

 

はい。

 

さてさて、今回は第7回ですね。

受験期の過ごし方。

この時期、

自分はただただ過去問を解きまくってました。

具体的には…

一橋(英数国日)、早稲田法(英日)、慶應商(英数日)

この3校のカッコ内の科目をやっていました。

そんなことどうでもいいですか。はい。

 

気をつけていたこと、

気をつけていればよかったなって思ったことは

 

第二、第三志望校との比率!

 

です。

 

そろそろ私大の入試が本格化してきますね。

その中で、

第二、第三志望の過去問。

やると思います。

合格したいですもんね。

ですが、

そっちに主軸を置きすぎないようにしましょう

また

第二、第三志望の合否。

気になりますね。

合格したいですもんね。

ですが

そのことで一喜一憂、また妥協はしないようにしましょう。

 

まさか!と思った人。

第二志望に

合格したときの安心感

不合格のときの焦燥感

は怖いですよ。

もうここでいいや、

もう受からないかも、

一瞬たりとも思わないでください。

 

受験生として、

第一志望校

受かるために

今まで

勉強してきましたね。

 

その努力、無駄にしないようにしましょう。