担任助手の受験中の過ごし方⑦ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2017年 1月 31日 担任助手の受験中の過ごし方⑦

 

≪新高3生・新高2生・新高1生・高0生対象≫

※高0生とは、高校生レベルの学力を持つ中学生のことです。

東進なら春休みを待たずに

新年度学習”今すぐにスタートできる!

今なら2講座(1講座90分×5コマ)

無料招待!!

↓お申込みはこちらから↓

 

 

こんにちは!

担任助手の高橋です。

昨日はとても暖かい一日でしたね!

1月にここまで暖かいのは40年ぶりだそうです!

今季の冬は11月に雪が降ったり、
1月に暖かい日が続いたりと
異常気象が多かったですね・・・

また寒くなるそうなので、
体調には気を付けてくださいね!

 

・・・さて、今回も

担任助手の受験中の過ごし方

 

についてお話ししたいと思います!

一昨日にも同じ内容で私が書いているので、
良かったらそちらも参考にしてくださいね!

前回は、受験記全般の過ごし方についてお話ししたので、

今回は

受験当日の過ごし方

についてお話ししたいと思います!

私は試験当日は、必ず1時間半前に会場に到着するようにしていました。

理由は3つあります。

 

それは

①寝坊や交通機関の乱れに対応できるようにするため
②試験直前の勉強時間の確保するため
③脳を活性化させた状態で試験に臨むため

です!

①は当然として、

試験前の時間は、

覚えたことをそのまま試験に持ち越せる

とても貴重な時間です。

この時間を利用して、私は
自身の苦手範囲を書き残したノート(復習ノート)を使って
ひたすら弱点補強をしていた記憶があります。

この補強が直接試験の得点UPにつながったかはわかりませんが
試験会場内で勉強することで、

緊張をほぐすことができた

と思います。

また、人間の脳は

起床後2時間経たないと活性化しない

といわれています。

試験で100%の力を発揮するため
朝早く起きることはとても重要です。

そして、無事試験が終了した後は

必ず東進で勉強するようにしていました。

 

試験の手ごたえがどうであれ、
校舎で同じ境遇にある友人に会うと
とても安心でき、次の試験に切り替えることができました。

また、試験後必ず行っていたことは、

試験問題の復習

です。

試験当日の問題は、自分の弱点を知るための貴重な教材になります。

過去問演習や模試と同じように、
復習しなければまた同じミスを繰り返してしまうと思います。

「次の試験でまた同じところを間違えたら絶対後悔する」

この思いで、解いたばかりの試験問題を復習していました。

手ごたえのなかった試験問題に向き合うのは
辛い部分もありました。

ですが、手ごたえのない試験こそ、
自分の弱点が詰まっています。

同じ轍を踏まないよう、みなさんも復習することを
お勧めします!

最後の試験の日まで、
全力で駆け抜けましょう!!

 

—————————————————-

あの有名人気講師!

今井宏先生

立川駅北口校に・・・!

3/21(月)19:00~21:00

東進ハイスクール立川駅北口校にて

今井宏先生による

英語特別公開授業が行われます!

東進生も一般生も参加できますのでこの機会に是非!

皆様のご参加お待ちしています!

↓お申込みはこちらから↓