担任助手の受験中の過ごし方① | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2015年 1月 29日 担任助手の受験中の過ごし方①

こんにちは!

学力POSに国語の富井先生の激励メッセージがのらなくて悲しんでいる柴田です。

 

今日はようやくラスト期末試験でした…。(辛かった…)

大学生の試験は、ある程度の時間が経ったら解答し終わった人から退出していいのですが、

みんなが帰る中最後の方まで粘っていました…。

粘るNEBARU

そう、NEBAA GIBU APPU=NEVER GIVE UPです。

 

受験生の皆さんも、粘っていますか?

思い返せば、私は受験中かなり粘っていました。

受験勉強の合間であっても自分がやってきたテキストを見返したり

試験のときも最後の一秒までわからない問題を考え抜いていました

復習で見返した問題、最後の一秒でひらめいたとき問題の一点

合否が決まるのですよ!

 

今まで沢山の努力をしてきて、

最後の最後で手を抜いてしまっては過去の自分が怒りますよ!!

ジブン(過去)「こんなに部活があっても、文化祭があっても頑張ってるのに、

なんでここで諦めちゃうんだよ!!」って!

 

受験生の皆さん、今までの自分の努力に自信と誇りを持ち、

それを無駄にしないよう走り続けてください。

色んな感情に襲われるかもしれませんが、惑わされないでください。

NEVER GIVE UP!!粘ること!!

合格したときの自分や周りの歓喜を思い浮かべながら頑張ろう!!