担任助手の受験中の過ごし方⑤ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2017年 1月 29日 担任助手の受験中の過ごし方⑤

≪新高3生・新高2生・新高1生・高0生対象≫

※高0生とは、高校生レベルの学力を持つ中学生のことです。

 

 

東進なら春休みを待たずに

新年度学習”今すぐにスタートできる!

 

今なら2講座(1講座90分×5コマ)

無料招待!!

↓お申込みはこちらから↓

 

 

 

 

こんにちは!

担任助手の高橋です。

就職活動も終わった今、私は
入社後に取得しなければならない資格に向けた勉強をしています。

その内容が本当に難しくて・・・泣

例えば、テキストに

「○○とは、△△のことである。」

と説明されていても、
そもそも△△がわからないよ・・・といった感じです(笑)
専門用語ばかりなので、辞書を片手に頑張っています(笑)

少しでも理解できるようになるために
隙間時間を見つけては、ファミリーレストランや図書館で
勉強するようにしています。

 

 

 

さて、今回も

担任助手の受験中の過ごし方

についてお話ししたいと思います!

私が受験中に実行していたことは

①早寝早起き
②毎日登校
③過去問演習
④基礎の再徹底

この4点です。

全て受験生にとっては当たり前のことですが、
当たり前だからこそ、確実に実行していました。

この中で特に役だったと思えるのは

①早寝早起き
④基礎の再徹底

です。

①に関しては、試験本番を見据え、
夜の12時には寝て、朝6時に起きるというペースを
ほぼ毎日継続していました。

そうすることで、
試験当日も、いつもと同じ時間に寝て
同じ時間に起きるという体制で挑むことができました。

結果、

試験で実力をしっかり発揮できた

と思います。

また、④の基礎の再徹底についてですが、
私は1日の勉強の中で、必ず

基礎のテキストや、高速基礎マスターの復習

を行うようにしていました。

試験本番が近づくと、どうしても自分が解くことのできない

難しい問題にばかり目が行きがちですが、

もっとも試験に出やすく、かつ間違えてはならない問題は

基礎の範囲に詰まっている

と思います。

重箱の隅をつつくような勉強をするよりも、
今まで自分が勉強した範囲や、
基礎の徹底を図るほうが効率的と考え、実施していました。

その結果、あやふやな知識が少なくなり、
試験中に悩む時間が減ったり、凡ミスを減らすことができたと考えています。

第一志望校の問題は、満点を取る必要はありませんし、満点を取ることはできないと思います。

私は試験本番で

「○○点取らなければならない」

ではなく

「○○点は落としても大丈夫だ!」

と考えてみてください。

そうすると、難問奇問の対策をするよりも、
実力に見合う、本番に出題可能性の高い問題を対策をするほうが
合格に近づくと感じるのではないでしょうか。

確かに難しい問題を対策することも大切ですが、
基礎基本レベルの問題を落としてしまったら本末転倒です。

直前期だからこそ、隙間時間を活用して
基礎基本の見直しもぜひ行ってくださいね!!

 

 

 

—————————————————-

あの有名人気講師!

今井宏先生

立川駅北口校に・・・!

3/21(月)19:00~21:00

東進ハイスクール立川駅北口校にて

今井宏先生による

英語特別公開授業が行われます!

東進生も一般生も参加できますのでこの機会に是非!

皆様のご参加お待ちしています!

↓お申込みはこちらから↓