志望校・併願校の決め方③ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2015年 11月 5日 志望校・併願校の決め方③

こんにちは!

久しぶりの山田です。

6大学野球で早稲田が春秋連覇しました。

早慶戦の末という何とも心地よい勝ち方ですね。

 

さて、今回も併願校の決め方ですね。。

飽きました?

飽きないでください。(笑)

 

併願校の決め方として

コンパクトにバランスよくピラミッド

を意識すると良いと思います。

コンパクト…受験校数敵に。貪欲にいかない。

バランスよく…日程的に。3連がMAX。

ピラミッド…難易度的に。がんばる。

カラフル!

 

自分の例は

一橋法

早稲田法 早稲田商

慶應商 明治政経 明治法 明治商 中央法

 

これがピラミッドです。

まず必達志望校(絶対受かりたいところ)を決め

そこから上と下を考えていくと良いですよ。

 

日程は明治、中央をセンター利用にしたため

2/14慶應商 2/15早稲田法

2/22早稲田商

のみで安定してました。

 

少ない、心配と思うかもしれませんが

下手な鉄砲は数撃っても当んない

という言葉を学校の先生からいただきまして…

それもそうだ!と思ってここまで減らしました。(笑)

 

ぶっちゃけると受験なんて自分の行きたいところを受けるんです。

けど1校くらい、受かってもいかない、余裕で合格できる大学を受けると良いです。

第一志望前に1校受かってるか受かってないかは

心理的負担が違いますから。

 

あくまで参考にですが

コンパクトにバランスよくピラミッド

心掛けてみて下さい。