就職活動体験記その2 | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 4月 27日 就職活動体験記その2

こんにちは、担任助手の今城です!

ここ二ヶ月ほど就職活動で勤務できませんでしたが、就職先が決まったので再び勤務するようになりました!

 

さて、私の就職活動についてですが、一番私が重要だと感じたのは以下の二つです。

①自分自身の言葉でしゃべる

就職活動が始まると、内定欲しさに自分を大きく見せようとして面接で嘘をついたり、頑張ってきたエピソードを捏造したりする人が出てきます。また、面接マニュアルからひっぱてきた言葉をそのまま使う人もいます。しかしきちんとした社会人の方が少し質問をすれば、すぐにボロが出て嘘がばれてしまったり、話しが空々しく聞こえてしまいます。しっかりと落ち着いて自分の体験してきたこと、自分の考えを自分の言葉でしゃべることができれば、きちんと相手の方に伝わるので、私は面接では常に自分の言葉を使うことを心がけていました。

②自分が将来何をしたいのかをしっかりと認識する

自分が一体どういう仕事がしたいのか、なぜその仕事がやりたいのかをしっかりと考えなければなりません。ここがはっきりとしていないと、企業選びでも面接でもとても苦労します。企業は何故自分たちの会社で働きたいのかを徹底的に聞いてくるので、きちんと自分の中でやりたいことがしっかりしていないと、聞かれている最中に矛盾が出てきたり、質問に答えられなくなってしまいます。

 

勿論他にも大切なことはたくさんあるのですが、全部に共通していることは、自分の考えを持つということです。普段からきちんと自分で考えて行動していれば、就職活動が始まったからといって何か特別に変える必要はありません。そしてそれは高校生である皆さんにとっても同じことです。勉強だけでなく、部活やその他の活動でも、自分で考えて行動した方が成果が出ますので、今のうちからきちんと習慣づけておくといいですよ!