定期テストと東進の両立について④ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2017年 6月 30日 定期テストと東進の両立について④

【 高2生・高1生・高0生対象 】

部活も行事も、そして勉強も充実させたいキミへ!

申込受付中!

今なら4講座(1講座90分×5回)無料招待!

↓ お申込みはこちらから ↓

高校3年生はコチラ!

東進の授業が1講座(90分×5回)無料で体験できます。

↓お申し込みはコチラから↓


こんにちは!

担任助手の宿谷です!

最近暑くなってきたので飲み物を飲む量が増えてきたのですが、

濃いめのカルピス」「キリンレモン」が僕のお気に入りです。

やたら「おいしいなぁおいしいなぁ」と思ってたのですが、

そこには「はちみつ入り」という共通点がありました!!

はちみつは健康の維持や、疲労回復、よく眠れるなどの効能があります。

飲み物たちに効果があるかはわかりませんが、

勉強し過ぎで疲れてきたらはちみつを摂取してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

では本題です。

今回も

「定期テストと東進の両立について」

がテーマです。

これまでの3回でみなさんも

「テスト期間中も東進の勉強進めなきゃ…」

と思っていただけたのではないでしょうか?

 

8月センター試験本番レベル模試で

本番同様の点数を取るという目標から

逆算してみても

 

東進の勉強を進め続ける重要性が分かると思います。

1週間や2週間も受講などを止めてたらとても間に合いませんよ!!)

 

というわけで、

みなさんには絶対にやり続けていただきたいのですが

「 とりあえずたくさん残ってる受講を終わらせなきゃ!」

と考えていませんか?

 

もちろんその先のことまできちんと計画を立てていたり、

残りコマがあまりにも多すぎる(3ケタ残ってるとか)

場合は受講をどんどん進めるべきだと思います。

ですが、「なんとなく受講」と考えている方は要注意です!!

 

立川駅北口校では高3生向けに

 

前期修了式

 

という目標が掲げられていますよね。

 

修了式への参加条件を見てみると受講以外にも

・高速基礎マスター英文法750まで完全修得

・センター試験過去問演習 英語・数学・国語の使用科目を5年分

などが挙げられます。

 

特にセンター試験過去問演習!!

多くの生徒が定期テスト後に受講と過去問を並行していくことになると思います。

テスト後~修了式達成期間の7月31日までだいたい3週間ありますが、

もしセンター試験過去問演習を手つかずの状態でスタートすると

どんなことが、どのくらいの時間がかかって、どのようにやるのか

わからないまま進めることになります。

 

実際に進める場合、例えば英語だと

①実際に問題を解く(80分)

②解説授業を受ける(大問毎にあり、全て受けると約2時間)

③解説を受けたうえで分析・対策を練る(1時間)

③復習用ノート作成

あくまで例えばですがこのような時間になるのではないでしょうか?

 

この動作をテスト勉強と両立しつつ本格的に始める前に行っておくのか

それともテスト後にまとめてやるのかでは

大きな差が生まれてしまいます!!

それに定期テストでセンター試験の問題を使う先生もいらっしゃるのではないでしょうか?

きっと定期テストにも役立つはずです!!

 

さあ、まだセンター試験過去問演習を始めていない人も

既に始めている人も

自分なりの進め方をある程度形にしたうえでテストに臨んでみてはいかがでしょうか??

 


 

関西の実力講師が立川駅北口校に・・・!

あの慎 一之先生

特別公開授業立川駅北口校にて行われます!

難関大合格を目指す高2生にとって、
このは受験生としてのスタートを切る絶好のチャンス!
高1生の参加も大歓迎です!

定員制のためお早目にお申し込みください。

↓お申し込みはコチラ!下記バナーをクリック!↓