大学生になる前に | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 2月 21日 大学生になる前に

こんにちは!

山田です。

 

気づいたら2月もあと10日もないですよ。

今年はうるう年なので29日まで!

 

今回は現受験生向けのテーマかな?

大学生になる前に

です。

高2.1生も是非読んでね!!

 

なる前に…

どうしましょう。

なにしましょう。

 

いまさらですが、

皆さんは「大学」って、どういう場所だと思っていますか?

巷では人生の夏休み、毎日遊べる、みたいに言われているかもしれません。

大学、学部で差はありますが、そんなことは全然ないですからね。(笑)

大学へのこのようなイメージがあるのは実は日本だけです。

例えばアメリカ、大学は本当に勉強したい人が行く高等教育機関です。

また、フランスでは

バカロレアという資格(2013年度合格率91%)を取れば、

みんなが自分の好きな大学に入れます

(大学に定員は一応あります。定員オーバーの際は成績加味がありますよ。)

フランスいーなーって思ったあなた、

フランスでは大学の進級試験がとてつもなく難しいそうです。

留年率は法学部だと4割くらいあるらしいですよん。(笑)

 

日本の大学はといえば

普通に授業があってテストがあって成績発表があって、、、

高校と同じ…?

その点、大学に行く意味があやふやになりがちです。

みんなが行くから…

就職には大卒当然でしょ…

ノリで…

 

そんな中で、大学の授業、気になりませんか。(唐突)

大学の授業は、大きく分けて

①必修科目

②選択科目

の2つがあります。

自分の通っている早稲田法学部の1年生授業でいえば

には語学、憲法、民法、刑法、導入演習、導入講義

という授業があります。

必修科目とは、

〇〇大学の××学部にいるんだったら、

これくらい当たり前に理解しておいてね。

という授業です。

テストで単位が来なかった場合、

単位がくるまで、再履修といって

次の年度に受けなおさなければいけません。

 

そして、選択科目

ここ重要ですよ。

自分の好きな科目が受けれます!

すごくないですか。やりたいことができるんですよ。

法学部だから法学系の授業しか選択できない、というわけではなくで

法学部生向けの商学系の授業だったり、文学部の授業だったり、

時間割、制限学年さえクリアすればホントに自由です。

自分は法学部ですが、

日本史や政治学、企業金融論などを受けていました。

 

つらつら書いてきましたが、

ここで言いたいのは、

自分の知的好奇心に貪欲に、ということです。

大学では本当に何でも学べます!

自分の興味あることはさらに深く、

曖昧だったことは明確に、

嫌いだった分野に

意外な発見が。

少しでも面白そうだな、と思った授業は

受けることをオススメします