大学の授業って・・・ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2014年 8月 12日 大学の授業って・・・

こんにちは!

担任助手の松田です。

寝苦しい日々が続いてますが

みなさん暑さ対策は大丈夫ですか?

 

校舎にいる間は涼しくても、一歩外に出たらもうが滲んできます。

汗をかいたら水分を補給しましょう。

寝る前はしっかり水分を補給して、日中も水分を補給して、熱中症にならないように気をつけましょう!

せっかく毎日がんばっているのですから、倒れてしまっては元も子もない!

夏は暑さとの戦いでもあります。

KO勝ちするくらいの気持ちで乗り越えましょう。

 

 

ところで、大学に入ってからどんなこと勉強しているのかって気になりませんか?

3.4年生にもなるとその学部の専門的なことをやるようになりますが、

 1年生の私は専門的な授業がほとんどありません。

そこで、今回はそんな私がどんな授業をとっているのか、一部ですがお教えしましょう。

 

 

まず一つ目、理系の私にとって欠かせないのが、数学です。

数学は分野ごとに授業が分かれていることが多いです。

私が今とっているのが「微分積分」「線形代数」です。

結構高校生の頃の内容とかぶっているので、

今しっかりやっていることを忘れずにいればとても役に立ちますよ☆

 

つぎに!

みなさん、体育って高校までだと思っていませんか?

実は体育って大学に入ってからもあるんです!(もちろん大学によりますが)

私は体育学部ではありませんが、週1時間授業でテニスをしています。

じりじりと焼けて焼肉になってしまいそうですが、それにも負けずがんばっています。

 

そして、最後に紹介するのは

工学部に入っている私が、なぜかとっている、ミクロ経済学

私は入門編までしか勉強していませんが、面白いです。

高校でやった現代社会に近いです。

ミクロがあるなら、マクロもあるんじゃない!?と思った君!

正解!

ミクロ経済学は家計や企業などを個別に分析していくもの、

マクロ経済学は国や国民全体の経済活動の動きに着目して分析していくものです。

少し分かりにくかったかもしれませんが、もし気になったら勉強してみてはどうですか?

 

 

 

いろいろとお話ししてきましたが、

大学は自由に授業をとることができます。

ここが高校との違いですよね。

100くらいある授業の中から自分にあった授業を探すのは難しいですが、

自分でいろいろ組み合わせることができて楽しいですよ。

文系・理系関係なくいろいろなものにチャレンジするといいですね。