夏休みに備えて自分の癖をしろう!―自己分析の仕方― | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2014年 7月 4日 夏休みに備えて自分の癖をしろう!―自己分析の仕方―

こんにちは。担任助手の高橋です。
今回は受験の天王山である夏休みに向けて、今のうちから絶対にやっておくべきことをご紹介します!!
夏の勉強をより効率的なものにするために最も重要なことは、現在の自分の癖を知ること、つまりです。

生徒のみんなにこういう話をすると、そんなことしてる時間ないです~なんていう答えが返ってくることがありますが、自己分析は特にまとまった時間を取ってする必要はありません。
普段の勉強の中で一緒にしてしまうのです

例えば、私がしていたのは問題集へのちょっとした書き込みです。
問題を解く中で、スラスラと答えが出せたものには苦戦しながらも自分の力だけで答えが出せたものには例題や参考書に頼って答えが出せたものには全く歯が立たなかったものには×というように、ランク付けをしていました。
この少しの工夫を欠かさず続けることで、△や×が多い分野=苦手な分野がおのずと浮かび上がってくるのです。
もちろん、復習するときには△や×がついた問題を優先的に解くことで効率的な勉強に繋がって、時間短縮にもなりますね!

皆さんも、なんだか効率が良くないなーと思ったら、気軽に担任助手に相談してみてください!
今回ご紹介した方法以外にも、きっといい「自己分析法」を教えてくれると思いますよ