夏休みにやっておけばよかったこと⑥ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 8月 13日 夏休みにやっておけばよかったこと⑥

こんにちは!担任助手の宿谷です!!

 

最近、旅行だったり合宿だったりで外に出かける機会が多いです!!

 

おかげで日焼けをしています…

 

肌が弱いので日焼けするとピリピリ痛いので困ってます(泣)

 

なんて思っていたら…

 

8/5~8/6くらいにかけて日焼けしたんですが、

日生徒に「なんかまた白くなりました?」と言われました。

 

日焼けからの驚きの回復力!! 小麦色の肌とは一生縁がなさそうです(笑)

 

 

 

さて、今日も「夏休みにやっておけばよかったこと」についてです!!

 

 

僕は高2・高3と2回の夏を東進で過ごしました。

 

 

その中で後悔したことは、

 

・「夏への認識が甘すぎた」


 

・「無計画に過ごしすぎた」

 

という2点です。

 

 

高3生はもちろんのこと、高2生にとっても

 

 

夏は勉強面でも志面でも非常に重要です。

 

 

しかし、当時の僕は

 

 

 

「志望校?勉強?まぁなんとかなるっしょ!(笑)」

 

 

 

なんて思ってました。

 

 

今もし声をかけられるとすれば

 

 

「甘い!!甘すぎる!!

生クリームとメープルシロップをトッピングした

おしるこのように甘い!!!」

 

 

(当時の僕はこの表現が気に入っていたので、再現しています)

 

 

 

と言ってあげたいです。

 

 

 

高2のころは

 

もっと自分の将来について具体的に考えるべきだったし、

 

苦手な数学に少しでも手をつけるべきでした。

 

 

高3でも

 

夏休み中の目標というのを考えずにただ勉強をこなしていたので、

 

 

ずっと数学は苦手なままでした

 

 

夏への認識の甘さ

 

 

無計画に過ごす夏

 

 

へと姿を変えていました。

 

 

高3の夏が終わった時、僕は「あれ、この夏何をやってたっけ?」と考えていました。

 

 

おそらく一番やってはいけないことをしていたと思います。

 

 

ぜひ!

 

 

みなさんには

 

夏休みは遊ぶだけじゃない

 

 

ただ勉強をするだけじゃない

 

 

ということを理解していただきたいです!!

 

 

○○をやりきる!といった目標を持つこと

 

そのために様々な努力をすること

 

 

そういう気持ちを持つことが何より大切だと思います!!

 

 

この夏に何をやるべきなのかを明確にして、やりきってほしいです!!!

 

 

 

以上、明治大学商学部 宿谷がお送りしました。