夏休みにやっておけばよかったこと⑤ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 8月 12日 夏休みにやっておけばよかったこと⑤

こんにちは!
先日のゲリラ豪雨で、カバンが水没した担任助手の高橋です(笑)

夏休みもついに後半戦ですね!
皆さんは全力で努力できているでしょうか?

大学4年生になった今、受験生時の夏休みを振り返ると、

とても充実していたな~

と本気で感じます。

別に遊んでいたわけではありません。笑

毎日、開館とともに登校し、
午前中は数学の勉強
午後から高校へ向かい、文化祭の劇の練習
夕方、校舎に戻り、閉館まで勉強

このサイクルを夏休みの間、

1日も欠かすことなく実行しました。

私が受験生時代の夏休みを思い出し、
充実感を感じるのは、

「自分ができる最大限の努力をした」と
胸を張って言えるから

だと思います。
受験生の皆さんは1年後

「去年の夏は全力で頑張ってたな~!」

と、心の底から思えるでしょうか?

 

夏休み後半も全力を尽くしていきましょう!!

 

さて、前置きが長くなりましたが(ほとんど本編でしたが…)
今回は、

夏休みにやっておけばよかったこと

です!

先程も言った通り、私は
当時思いつくことはすべて実行したという自信があります。

しかし、今振り返ると

”やっておけばよかった”

と思うことが一つあります。

それは、

自身の将来について、もう一度よく考えること

です。

当時の私は、受験勉強のスタートも遅く、
毎日の勉強に必死になっていました。
勉強のことしか頭になく、視野もかなり狭くなっていたように感じます。

その結果、

〇〇という夢を叶えるために
志望校に受かりたいから、受験勉強をする

ではなく、

志望校に受かりたいから、受験勉強をする

と考えてしまっていました。
夢”の部分がすっぽり抜け落ちてしまっていたのです。

そのため、私は受験終了後

どの学部に進むべきか

とても悩むという事態に陥りました。

大学では、つの事柄を4年かけて勉強します。
入学後に、
「イメージと違った」
「興味がわかない」
「つまらない!」
と感じたとしても、どうすることもできません。

だからこそ、高校生のうちに、

本当に第一志望校がここでいいのか

ということを考えなければなりません。

その最後の機会が、夏休みなのです

9月以降は志望校対策がスタートします。
9月以降、そう簡単に志望校の変更はできません。

もう一度、皆さんにとって
今の志望校が自身にとってベストであるか
考えてみてくださいね!