夏休みにやっておけばよかったこと③ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2016年 8月 8日 夏休みにやっておけばよかったこと③

こんにちは!担任助手の池田です。

私の大学もついに8月1日から夏休みが始まりました!

といっても、高校生にしてみれば8月はもう夏休みの折り返し地点ですよね…。

高校生の時間の流れとの差異を感じます。

では、引き続き「夏休みにやっておけばよかったこと」をお話しします。

 

わたしの場合はずばり、

「開館から登校」です!

実は、私の自宅は立川駅北口校にめっちゃ近いんです。歩けばトータル5分、走ればトータル3分くらいで校舎に着きます。

おそらく、当時の高校3年生のなかで最も校舎に近い場所に住んでいたと思います。

 

にもかかわらず!私は当時1回も朝登校をしませんでした。ほぼ昼登校でしたね…。

 

朝登校をしなかった理由としては、

家が近いからこそ「家でやれば良いか…」と思ってしまったこと

(そして家では集中できず結局中途半端になるのがお約束でした)

寝るのが好きで早起きが苦手だったことが挙げられます。

 

当時は当たり前のような顔をして昼登校をしていましたが、

担任助手になって夏休みに朝の開館を担当するようになってから

「自分は本当に時間を無駄にしていたんだな…」と痛感しました。

 

比較的まだ陽が強くない朝に登校することで集中して勉強できますし、

なにより朝は音読会があります!

朝から音読することで目も覚め、センター試験の大問1そして会話表現の対策もできます!

担任助手として音読会に参加するようになってから「音読会に参加しとけばよかった…」と後悔しました。

 

 

以前も早起きの大切さが書かれていましたが、早起きは一日を有意義なものにしてくれます!

時間を無駄にしたくない、効率的に勉強したい人は早起きして開館から登校しましょう!