夏休みにやっておいてよかったこと③ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2014年 8月 16日 夏休みにやっておいてよかったこと③

 

こんにちは!担任助手の長石です!

暑い日々が続きますね!

 

 

どーん

どーん

どーん

なんだこの写真は?!

 

 

 

 

自慢です。

夏といえば旅行だと思ったので僕がいった国の写真を見せつけました。

 

 

 

 

 

うらやましく思った勉強中のみなさん

 

 

 

ぜひ大学生になって世界へ飛び立ちましょう。

世界で待ってます。

 

長石より

 

 

 

 

 

と、これは大学に入ってからやってよかったことで、、

高校のころに「やっといてよかったーー!!!」

 

心底思ったことは2つ

 

 

 

 

 

花火大会デート

 

 

 

 

 

 

 

でもなく

 

 

 

 

 

 

 

海水浴デート

 

 

 

 

 

 

 

でもありません!!

 

 

 

 

 

やってよかったと思ったのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高速基礎マスター!!!!

 

完全修得したからやめたりなんてしてはいけません。

 

 

 

高速基礎マスターを行う目的は

テストで単語が即座にわかるようにするため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ「わかる」だけではいけないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単語を見た瞬間わからなければ

英語の文を読む時間はどんどん遅くなります。

 

 

 

 

 

dog confuse

dogの方がすぐに意味が出てきますよね!

 

 

 

 

 

 

 

極端な例をだしましたが、

どんな単語に対してもdogと同じくらいすんなりと意味がでてくるように、

 

 

 

 

 

 

 

くりかえしくりかえしくりかえし行いました。

 

 

 

 

 

 

 

それもあって、長文を読むスピードもはやくなりました!!!

 

 

 

 

 

 

 

もう一つは

一冊の参考書を何週も何週もやること!!

 

 

 

わたしは世界史の参考書は一冊しか持っていませんでした!

それをとにかく何週も何週もしました。

 

 

 

 

 

夏休みだけで5週くらいしました。

 

 

 

 

 

そのおかげで文章をおぼえるくらいになり、

2次の記述試験で世界史を得点源にすることが出来ました。

 

 

 

 

 

何をやるかよりどうやるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしが意識していたことです。

 

 

 

 

 

みなさんも夏休み時間があるからと言って他の参考書に浮気せずに

高速基礎マスターや自分の使っている参考書を

一途に愛し続けましょう。

 

 

そうすれば必ず結果はついてきます!