受験期習慣にしていたこと④ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2014年 10月 17日 受験期習慣にしていたこと④

こんにちは!

担任助手のです。

久しぶりの登場になります。

最近思うことは、、、

 

銀杏て臭いなあ。

 

ということです。(笑)

銀杏の実が
こないだの台風で一気に落ちたので、

大学のキャンパスには銀杏が散乱しているのです。。。

 

そこで、

なぜ銀杏のみは臭いのか調べてみました!(笑)

どうやら足の臭いの原因と同じ成分
含まれているみたいです。

通りで臭いわけですね。

しかし、この臭いによって
動物に食べられるのを防いでいるので

ちゃんと役目も果たしているのです!!

以上、銀杏の話でした。

 

さて本題。

 

私が受験期、習慣にしていたこと。

 

私の場合は、

 

毎日のリズムを決める

 

ということです。

習慣とはちょっと違うかもしれませんが…

 

電車の中でやる単語帳の種類

朝の時間にやる勉強の内容

毎日進めるページ数

など、様々な面で
毎日のルーティンを決めました。

これによって、
毎日同じリズムで勉強をするようになりました。

では、これの何が良いかというと、まず

 

何を勉強するか

 

について考える時間を省ける。

ということです。

通学時間や、

朝の授業前の時間

決して長くはないと思います。

そんな時間を最大限に活かすために、

この方法は最適でした!

意識をせずとも気が付いたら

単語帳を開いている。

というとこまで来たら、

リズムが身に付いている証拠です。

 

以上、とても長くなってしまったのですが

これはとてもオススメなので、

ぜひ活用してみて下さいね!!

 

 —————————————————————————–

 

↑↑↑↑↑全国統一高校生テスト

お申し込みはこちらをクリック!!