受験前1000題の壁 地歴公民千題テスト | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2018年 12月 24日 受験前1000題の壁 地歴公民千題テスト

平成最後の総復習

~地歴公民編~

 12月22日(土)に、高校3年生対象の「地歴公民千題テスト」を実施しました! その名の通り千問もの問題を一日かけて解くというもので、今年最後の総復習にふさわしいものとなりました。

 この試験では、これから受験本番を迎える高校3年生に必要な様々な力が問われます。

 まず一つ目は、当たり前ですが知識力(単語を知っている力)です。これがなければ、どんな問題でも解くことは厳しくなってしまいます。二次試験では筆記問題も数多く出題されますから、漢字を書く力も身に着けていきましょう!

 次に必要なのは、思考力です。これは記述問題ではもちろん暗記にも役立つ代物で、例えば歴史では事件の経緯やキーマンの心情が、公民では法律が効力を持った事例などをまとめてみることで、文字の羅列にしか見えなかった単語も覚えやすくなります!

 さらには、丸一日もかかるテストを乗り切る気力も大事です。実際の入試本番でバテてしまっては今までの努力が無駄になってしまいます。そうならないためにも、集中力を鍛えていくことも重要です!

 22日を経て、東進生は受験に必要な力を手に入れました。皆さんも彼らに負けぬよう、特に高校3年生はラストスパートをかけていきましょう!