受け身になっていませんか? | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 4月 1日 受け身になっていませんか?

こんにちは、担任助手の長石です。

今日は「姿勢」について話したいと思います。
背筋を伸ばすことも大事ですが、今回話すのは物事に対する「姿勢」のほうです。

よく耳にするのが
「高速基礎マスター早くやらなきゃ!!」「受講早く進めなきゃ!!」という言葉。

この気持ちよく分かります。
自分もかつて東進に通っていた頃、このようなことを言っていた気がします。

ただ、この「~しなきゃ」という言葉
やらされている、受け身の状態だから出てくる言葉ではないでしょうか。

皆さんが東進に通っていることは自分の将来を見据えて自ら選んで決めたことですよね。
自分で選択したことには責任が伴います。
自分の将来のために自ら求めて勉強をするという「姿勢」に必然的になるはずです。

グループ面談でも受け身になっている生徒と主体的な生徒が見られます。
例えば計画を立てるとき、

受け身の生徒の場合は、
「あ、そうだ計画立てなきゃ」とその場で計画をたてるために、前回の反省を生かせなかったり、
応急処置的な計画を毎回立てることになります。

それに対して主体的な生徒の場合は、
グループ面談の前にある程度、先週の反省、分析を行い修正を加えてまた次の週の予定を立て、
そのうえで「これどうしたらいいですか。」と自分から聞いてまた修正を加えます。


どちらの方が伸びるかは言わなくてもわかりますよね!


これからは「~しなきゃ」でなく、「~をします」
と言うようにして
受け身でなく自ら求める「姿勢」で日々生活していきましょう!!