効果的な勉強法 | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 4月 7日 効果的な勉強法

こんにちは!担任助手の高橋です。

皆さんの中には受講とは別に問題集や参考書を使っている人も多いと思います。特に数学などは自力で問題を解けるようになるにはアウトプットの量が重要になってくるのでうまく使えばどんどん力をつけることができますよね。
しかし、ただなんとなくだらだら解いているだけでは時間がかかるし効率も悪いです。

そこで今回は、問題集・参考書を効果的に使うためのいくつかのポイントを紹介します!

1. 自分に合ったものを選ぶ
まずは自分の現在のレベルに合ったものを選んでください。焦って難しいものを使っても、時間ばかりかかってしまいます。解説を読めばすっと自力で理解できるレベルのものがいいですね。
基礎的な問題を一通り解けるようになってから志望校レベルの難問に挑戦しましょう!

2. 計画をしっかりたてる
参考書や問題集も受講と同じように必ず計画を立ててから始めましょう。いつまでに終わらせるのか、そのためには1週間に何ページ進めるのか、もっと言えば1日に何問解くのかまで事前に決めておきましょう。章ごとに目標の日付を記入しておいてもいいですね。

3. 受講の補助教材として使う
受講と同時並行で進めているという人は授業の復習として使うこともできますね。習った範囲の問題を問題集も使って解いておくと理解も深まるし、より実践的な力が付きます。

いくつか紹介しましたが、一番は自分に合ったものを自分に合った方法で使うことです。ぜひ試行錯誤してうまく使ってみてください!困ったらいつでも相談してくださいね。