初の海外旅行を経験して | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 9月 21日 初の海外旅行を経験して

こんにちは!担任助手の林です。
昨日、人生で初めての海外旅行から帰ってきました。
今回訪れたのはタイカンボジアで、約10日間の旅でした。
ツアーに参加したのではなく航空券やホテルを自分で手配する、いわゆるバックパック旅行で行きました。

旅行にトラブルはつきもの、と言われることもありますが私も多くのトラブルを体験しました。
本日はその中の1つを紹介します。
滞在先のホテルでの出来事なのですが、現地の水道水は汚染されていて飲むことが出来ないため
大体のホテルにはペットボトルの飲料水が無料で置いてあります。
今回私が泊まったホテルにも500mlが2本、そして1.5lが1本部屋に置いてありました。
しかし私は500mlの2本で十分だったのでその2本を携帯して、1.5lの方は冷蔵庫の方に入れておきました
そのホテルには3泊したので全く同じことを3度したのですが、チェックアウトの前日に部屋に置いてあった
請求書を見ると、飲料水代700バーツ≒2100円が請求されていました。
どうやら500mlの飲料水は無料なものの、1.5lの飲料水は有料だったらしいのです!

しかし前述したとおり、1.5lの飲料水は冷蔵庫に入れただけで開封はしてありませんでした
1本約700円の飲料水を3本分なんてとても払えないし、これはホテル側の勘違いだと思ったので
すぐにフロントの方に説明をしに行きました。
しかし言いたいことが頭の中で固まっていても、それを英語に変換して言おうとするとなかなか出てこないのです。
それでも何とか乏しい英語力を駆使してうまく言えた!と自分で思っていたのですが、
相手側はいまいち理解が出来ていない様子。。。

それでも納得してもらおうと根気強く説明を続けたのですが、状況が打開しないまま経つこと数十分。
たまたまフロントを通りかかった日本人旅行者に助けを求めると、運がよくその方は英語がとても流暢でした。
その人に説明をしてもらうとすぐに相手も理解し、料金は払わなくてもよいことになりました。

事が解決したのはよかったですが自分の英語力の乏しさに気づき、また自分を助けてくださった方が
本当にかっこよく見えました。
自分も会話にとどまらず、説明や交渉まで出来る英語力をつけたいと改めて思いました。

現地では観光にとどまらず、様々な人達とも交流が出来ました。
現地で出会った人に、旅をすると人間としてのスケールが大きくなる、と言われましたが
その意味が少しだけわかったような気がします。
ここで書いたことは今回の旅で経験したうちの一部分に過ぎず、多くの有意義な体験が出来ました。

ぜひみなさんも来年は旅で多くの経験をしてくださいね!

 

以上