中国に行って感じたこと | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2015年 10月 8日 中国に行って感じたこと

どうも!お久しぶりです。担任助手の山口です。
先日4泊5日で中国(香港と澳門)に行ってきました。

中国では相席の文化がありまして、食事の席で知らない人と一緒になることがあるんですね。
そこでたまたま韓国人旅行客の人と一緒の席になったんですね。

少し会話をしたんですが、
韓「どこから来たの?」
自分「日本だよ」

韓「英語うまいね」
自分「ありがとう。(留学してましたからねぇ)」

韓「日本人は英語うまくないじゃん。だから日本人だと思わなかったよ。」

と言われてしまいました。

やはり海外の人から見ても、日本人は英語が下手だと思われてるんだなぁと実感しました。(もちろん全員がそうだというわけではないですよ)

お隣の韓国人からも下手だと思われてるんなんて悔しいですね。

受験のための英語も重要ですが、一番重要なのは使える英語ですよね。

英語は言語です。コミュニケーションの手段です。使ってナンボですから。

ただ日本にいて英語を使う機会ってなかなかないですよね。

 

じゃあどうすればよいか!

 

 

音読です。

 

 

誰かが言っていましたが、机で英語を勉強するのは、テニスの教本を見てテニスをやろうとするようなもの。楽譜を見てピアノを弾こうとしてるのと同じだと。

英語は使わなければ意味がありません。
ただその機会がないので、一人の中で使ってしまおうということです。

その中でベストなのが音読というわけですね。

独り言でもいいので話しているのでスピーキングの練習になります。発音も気にします。思ったことを瞬時に出そうとするので、ボキャブラリーの課題にも気づけるでしょう。リスニングにもなりますね。

みんなが音読!音読!って言っている意味が分かっていただけたでしょうか??