センター試験過去問演習120%活用術!! | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2013年 5月 26日 センター試験過去問演習120%活用術!!

あはようございます、こんにちは、こんばんは
担任助手の佐藤です(^^)

今日は夏休み合格設計図作成会がありました!
みなさん良い設計図が立てられたでしょうか!?
計画は実行してこそ意味のあるものです、こなせるようがんばりましょう(^^)/

さて、
今回は私が皆さんにお話したセンター試験過去問演習120%活用術についてもう一度確認したいと思います

まず一つ目の大事なポイントは
センター試験=基礎学力のものさし
ということです!

ご覧の通りセンター=基礎ができなければ一見センターの関係ない早稲田にだって受かりません
センター試験の勉強は受験勉強の土台となる重要なものです!

二つ目の大事なポイントは演習の仕方です
まず演習量は10年分×3週以上
これが過去問演習をする上での最低ラインです!
そして、まずわからなくても一週目に取り組むことが大事
最初から全部の問題ができる人なんかいません、でも二回目以降に解けるようになればいいんです!!
過去問の肝は復習です
自分に足りない所を考え、埋めていく作業が最も大切なのです!

二週目以降の演習では満点を狙いにいきましょう!!

そして最後のポイントは期限です
ずばり7月31日までにセンター10年分を一周させましょう!
そして8月中には10年分3周を必ずやり遂げましょう!!
そうすれば秋からは徹底的に二次対策ができます(^o^)
絶対に皆さんの実力となり合格へと近づくでしょう

今日の話をまとめると以上です
ですが話を聞いただけでは何も始まりません
実行に移すのは皆さんです!
一緒にがんばりましょう(^o^)/