やる気が出ないときの対処法⑤ | 東進ハイスクール立川駅北口校|東京都

ブログ

2015年 5月 26日 やる気が出ないときの対処法⑤

こんにちは!担任助手の高橋和希です(^^)

大学生活も3年目になり、徐々に就職活動が近づいてきました・・・
夏休みのインターンシップに向けて、いろいろな準備の真っ最中です!
インターンシップとは、学生が一定期間、企業で研修生として働くことで、
自分が将来務めたい職業を体験できる制度のこと
です。

皆さんの多くも大学3年生の夏にインターンシップに取り組むと思います。
その出願や面接は6月から7月に行われることが多いです。

つまり、自分がどの職種に務めたいかは少なくとも

大学3年生の6月には決めなければならない

ということです!

受験生の皆さんは自分の将来の夢は決まっているでしょうか?
残された時間はそう多くはないです。
受験勉強もとても大切ですが、そもそも受験勉強を何のために行っているのかを
もう一度見つめなおすこともとても大切です。

大学受験はあくまで通過点です!

東進生の皆さんは、必ず受験生の間に将来の夢を見つけ、
それに向けて努力できるようになりましょう!!

 

 

では本日の本題ですが

やる気が出ないときの対処法⑤

です!!

 

やる気が出ないときの対処法ですが、
そもそもなぜ、

受験勉強に対してやる気が出ないのだと思いますか?

勉強が苦手だからでしょうか?

受験生としての自覚がないからでしょうか?

 

 

・・・違います。

 

 

やる気が出ない理由。

 

 

 

それは。

 

 

 

受験勉強をする理由が明確でないから

 

これに尽きる、と私は思います。

 

前置きでも話しましたが、
大学受験はあくまで通過点です。

将来の夢をかなえるための過程にすぎません。

第一志望校に合格しようが
難関大学に合格しようが

それだけでは

何の意味もありません。


第一志望校に合格、入学し

そこで何をするのかが最も大切なのです。

 

自分の将来の夢を持っている人は
第一志望校に合格したい理由が明確です。
やらなければならない理由が明確ならば
人は頑張れるものです。

逆に、理由なく物事に取り組み続けるのは
非常に苦しく、とても難しいです。

ですので、私がオススメするやる気が出ないときの対処法は

 

なぜ自分が受験勉強をしているのかについて
もう一度考える

 

です!!

受験勉強の理由を振り返ることで
自分の将来の夢がより明確になるのが最も望ましいですが
なにもそこまで完璧を求める必要はありません。

例えば

第一志望校に合格した場合のメリットと
合格できなかった場合のデメリットを列挙し、
それを比べるだけでも
受験勉強を頑張らなければならない理由の1つになりえると思います。

さらに言えば、明確な理由が思いつかなくても
もう一度受験勉強の理由を考えるだけでも
モチベーションの一つになるはずです。

受験勉強のやる気がないなら、その時間を無駄にせず
将来のことを考える時間にあててみましょう。
将来何をしたいのか。
どのような生活を送りたいのか。
どのような家庭を築きたいのかでも構いません。

そうすることで、

自然と受験勉強のモチベーションが上がるはずです。

 

大学受験本番まではまだまだ長い道のりですが
一歩一歩着実に進んでいきましょう!

 

 

◆◇◆立川駅北口校が気になったそこのあなたへ◆◇◆